クレジットカード

クレジットカードって便利ですよね。

現金を持たなくても買い物ができますし、ポイントなどによる還元もあり、とても役立ちます。

ですが使い方を間違えると、大変な目に合うことも考えられます。


クレジットカードでの買い物は、当然ですが使ったその場では現金が減りません。

そのため金銭感覚が持ちづらくなります。

支払日になってビックリ!という経験をした人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、上手なクレジットカードとの付き合い方についての紹介です。


お金の疑問

クレジットカードは出費が増える

余分な買い物をしがちになる

現金での買い物の場合、当然ですが所持金以上の買い物はできません。

しかし、クレジットカードであれば現金を持っていなくても欲しいものが買えてしまいます。

そのため、実際の支払い能力以上の余分な買い物をしてしまいがちになります。


お金を使っている感が薄い

現金での買い物であれば、お財布からお金を出して支払います。

高額の買い物であれば高額の紙幣が無くなるので、『お金を使った』という実感が大きいですよね。

しかし、クレジットカードではその実感が薄くなりやすく、いくら使ったかという記憶もあいまいになりがち。

さらに請求は約1~2か月後になるので、支払いの負担を感じるのが遅れます。

いくら使ったかわからなくなる

レシートで計算すれば分かりますが、出費を把握していない人も多いでしょう。

そのため、気づかないうちに使い過ぎてしまうことがあります。

その結果、家計を圧迫することにもなりかねません。


クレジットカードの使いすぎを防ぐために

日用品の買い物に使わない

クレジットカードを持っていると買い物が増えてしまうという場合は、普段は持ち歩かないようにするといいでしょう。

クレジットカードは電気代や水道代など、固定費の支払いだけに使うのもおすすめです。

いくら使ったかを常に把握する

どのくらいカードを利用して買い物をしているのかのチェックをマメにしましょう。

利用明細を合計して家計簿などに書き留めたり、Web明細などを使って利用状況を確認。

使い過ぎを防ぎましょう。

買い物の前に考える

クレジットカードがあっても無駄遣いをしなければいいんです。

本当に必要な買い物なのか、そうでないのかを考えて買い物をすることで使い過ぎを防ぐことができます。


さいごに

みなさんは上手なクレジットカードとの付き合い方はできていますか?

確かにクレジットカードって便利です。

私も、「どうせ支払うならポイントをもらおう」なんて考えで、ついカードを使いがちでした。

しかし上記で紹介した方法を実践することで、計画的に使えるように。


カードの便利さに慣れてしまうと、なかなか習慣は変えられないのが怖いところです。

しかし、支払日ビックリ!ということにならないよう、まずは利用代金のチェックをマメに行ってみましょう。