申込み
お金の不安を感じた時に、1枚持っていると役に立つカード。
大手銀行取り扱いのカードローンであれば、安心して利用できます。

社会人ともなると、急な出費に対応しなければならない場面に遭遇することも。

ですが、勤続年数が短くても作ることはできるのでしょうか?




最低でも半年程度の勤続期間

働き出して、すぐにカードローンのお世話になる方は少ないと思いますが‥

最低でも半年程度の職歴はないと、カードローンの審査に通ることはムズカシイと言われています。

これについての判断はカードローン会社によって違いがあります。


明確な基準があるわけではないので一概には言えませんが、本来は1年以上の勤続実績がないと審査に通りにくいと言われています。

ですので半年程度というのは最低ラインであって、審査に通るか否かは申し込んでみないとわからないんですね。


返済リスクがある方には貸さない

勤続年数が短い人にはなぜ貸さないか?

それは返済リスクが高いことによります。


金融機関は、「勤続年数長い=安定した月収」という判断をします。

みなさんもお金を貸すのであれば、確実に返してくれる人に貸しますよね?

金融機関も同じです。

勤続年数が短かいと、辞めてしまったり解雇されたりという不安があります。

よって返済リスクがある方へのカード発行は難しくなります。


解決策はあるのか?

勤続年数が短い場合、次のように考えてください。


◆勤続年数が1年になってから申込む

  
勤続年数が1年以上になれば、安定的な収入があると判断されますので、審査に通過する可能性が高くなります

◆複数社申し込んでみる

勤続年数が短くても審査に通る会社はあるようです。
融資の上限額や借入れ金利などで条件を満たせば契約できる場合もあります。


ただし複数社の申込みにはデメリットがあります。

短期間に多くの申し込みをするとお金に困っていると判断され、余計審査に通りにくくなります。

このデッドラインは半年間で3社まで。

これ以上はやめておきましょう。


さいごに

勤続年数によるカードローン審査の不安が少なくなるのは、1年以上の勤務実績。
それよりも短い人は審査に通る確率が低くなると考えましょう。

しかしカードローンの審査可否は、申し込んでみないとわからないのが事実。

「勤続期間は短いが、どうしてもお金が必要」という方は事前審査の利用をおすすめします。
年間20万人以上が利用するカードローン事前審査


匿名無料で40社以上の提携金融機関を一括審査。
いきなり本審査に申し込むよりも安心・安全です。

どうしてもカードが必要な状況な場合もありますよね。

まずは事前審査でカードが作れるかの確認をしてはいかがでしょうか?。