引っ越しのトラック
引越しにはお金がかかるもの。

会社員の転勤では、辞令後1週間から10日ほどで引っ越しまで済ますのは普通のことです。

しかし閑散期ならともかく、引っ越しシーズンともなると費用も安くは済みません。

まして単身ならともかく、家族全員で引っ越すとなると荷物も多く想像以上の金額に!

クレジットカードが使えない事が多いので、多額の現金が必要になります。


ですが突然の出費に対応するのは非常に大変。

そんなとき、カードローンで急場をしのぐ方法もあるんです。


引っ越し代が足りない!

そんな時はカードローンの利用も検討してみましょう。




引っ越し代は現金払いが基本

引っ越し代をローンにできることはほとんどありません。

そのため、現金の借入れで支払う方は意外と多いんです。


しかし急な引っ越しの場合、銀行のフリーローン(多目的ローン)などの借り入れ審査を受けている余裕は無いもの。

そこで比較的審査に通りやすい、カードローンの利用が便利になります。


フリーローンよりも融資は早いので、最初からカードローンに申し込むほうが手間は省けるかもしれません。



来店不要、手続きはネットで完結。

しかも即日融資可能なカードローンもあるので、時間に余裕が無い時には大変便利です。


また銀行のフリーローンとは違い、夜間や休日でも申し込みを受け付ける会社がほとんど。

限度額内であれば何度でも利用できるので、万が一のために1枚持っておくのもおすすめです。

ただ、銀行のフリーローンと比べると金利は若干高くなるデメリットはありますが。


カードローンは会社により金利に差がありますから、かんたんな利用条件の入力だけで金利比較できる、こちらの利用をおすすめします。

カードローンをかんたん比較。お得に借りる方法はこちら



引っ越しのマメ知識

運ぶ荷物の量や転居先までの距離、引っ越しの繁忙期か閑散期かによって料金の相場は大きく変わります。


とくに2月、3月、4月と8月は引っ越しの繁忙期ですから、閑散期とくらべて1.3倍~1.4倍の引越し費用がかかります。

転勤は時期は選べませんが、そうでないときは時期を考えて引っ越しすることをおすすめします。