銀行ATM

カードローンを使ってお金を借りる、と聞くと利息が高いという印象があります。

たしかに、返済時には金利を上乗せして返さなければなりません。


しかし時と場合によっては、預金を下ろすよりもカードローンを利用した方が得なケースがあります。

金利を払ってでもカードローンのほうが得、というのはいったいどんな状況なのでしょうか?

今回は、『手数料を払うより得!すぐに返済するなら貯金を下ろすよりもカードローン』という話題です。





貯金を下ろすよりもお得なカードローン

その方法とは、

すぐに返済するならカードローン

という技です。


特に会社勤めをしていると、急な予定で出費が必要になるときはありませんか?
出張旅費の立替えや仕事仲間との飲み会、休日の接待etc‥

銀行から貯金を下ろすとしても、勤務時間中にはなかなか行けないもの。

コンビニATMから下ろすとしても、余分な手数料を払わなくてはなりません。


他行取引の手数料は、1度の利用につきおおむね108円(平日昼間)~216円(時間外)必要です。

それくらいの金額ならまぁ安いものでしょう。


ですが、時間外の引き出しを毎週末にしたと仮定します。

すると、216円x4回=864円

ただ引き出すだけなのに、1か月で1,000円近いムダな出費が!

それが1年間続くと…

864円x12ヵ月=約10,000円!!

預金金利が限りなく0%しかないご時世、自分の貯金を引き出すだけでこんなにお金がかかるなんて‥
もったいないですよね。

そこで、カードローンを使うという意外な方法で、ムダな出費をなくすことができるんです。


手数料が必要ないカードローンがある

例えば土曜日に銀行から10,000円を下ろします。

上記の例でみると、手数料は216円必要です。


しかし、カードローン利用の場合、ATMの手数料が不要な金融機関が多数あります。
(※ご利用先での確認をお願いします)

借り入れですから当然利息は必要です。

しかし下記の例をご覧ください。

土曜日に10,000円借りて、月曜日に返済すれば、利息はたったの14円。
(金利が17.8%の場合 10,000×17.8%÷365[366]日×3日=14.63014円 ※1円未満切り捨て計算)

すぐに返済できるという予定であれば、とてもお得な方法です。



・平日の昼間は忙しくて金融機関に行けない。

・預金金利よりも高い手数料を払うのはもったいない

そんな方には特におすすめ。

キャッシングと違い、銀行取り扱いのカードローンですから安心・安全。
万一のためにカードを1枚作っておく。これも節約のための知恵かもしれません。


では、どんなカードをつくったらよいのでしょうか?

お困りな方には、カードローン比較サイトを利用するのがいいでしょう。

カンタンな情報の入力が必要ですが、個々の条件に合ったカードローン会社を表示します。

利用は無料、スマホでの利用も可能になっています。

詳細はこちらからご覧下さい。
優良企業だけを限定!無料でカードローン比較